タクシー業界の人手不足

タクシー業界の人手不足
給料が良くて、休日も多い、そんなタクシー業界なのに、なぜ人手不足?
その理由は・・・。でもご安心ください。人手不足は転職のチャンスです!
タクシーの人手不足
タクシー業界は現在、慢性的なタクシードライバー不足に陥っています。 休みがしっかりと取れるなどワークライフバランスが整っているため、再就職先として人気の職種であるにも関わらず、なぜこういった人手不足が起きるのでしょうか。 人材が不足する大きな原因の一つに、高齢のドライバーが多いというのが挙げられます。 高齢のドライバーが次々に退職していく中で、人材募集を行ってもなかなか人が集まらない状況となっているためです。 この人手不足を解消するためには、若い人を中心に人材を確保していかなければいけません。 実際に少しでも待遇を良くしたり、運転で営業をするときに必要となる二種免許の資格費用を負担したりすることも、多くのタクシー会社で行っています。 しかし、なかなか人材不足という問題が解消されない実態として、 給料が歩合制であるということや夜勤などもあることが挙げられ、 こうした事情から特に若い人には敬遠されがちなところがあります。 こういった動きから、タクシードライバーに対するマイナスイメージを一変させ、 人手不足を解消し新たな人材を募集するため、日中のみの勤務も可能にし、特に女性を積極的に採用する動きが取られるようになりました。 実際に女性でもタクシードライバーとして活躍している人は年々増加傾向に有り、 短時間労働などのパート勤務で子育てをしながら働いている人もいます。 今後も女性のタクシー業界への就業を支援するための更なる対策が期待されています。 それまで男性社会となっていた職業も、女性に優しい環境を整えて快適な職場を目指すように取り組まれているのです。   50代の方が「若い」と言われているタクシー業界において、タクシードライバー未経験であっても、タクシー会社それぞれで手厚い研修を用意しています。 「道が分からない」「お客様の拾い方が分からない」という不安はいりません。 なんと、勤務しているドライバーの約8割が未経験スタートというようなタクシー会社も多くあります。 不安がございましたら、まずは一度当社にご相談ください。 「たくさん稼ぎたい」「休みをしっかり取りたい」「都内で働きたい」など皆様のご要望をもとに、転職活動を全力サポートいたします。
ご質問・ご相談はお気軽にお問合せください。 厳選された求人情報をご紹介させていただきます。