タクシードライバーとして取得する資格・二種免許

タクシードライバーとして取得する資格・二種免許
二種免許って難しそう? どんなテストをするの? 費用は高いの?
転職希望だけど免許取得について心配をされている方、必見です!
二種免許とは
タクシードライバーになるには、第二種運転免許が必要となります。 第二種運転免許とは、バスやタクシーなどを、お客様を乗せて目的地まで運転しようとする場合や、運転代行の業務としてお客様の自動車を運転する場合に必要な運転免許のことです。 第二種運転免許を取得するためには、適性検査・学科試験・技能試験全てに合格する必要があります。 適性検査では、視力や聴力、色彩能力などがお客様を乗せて運転することに支障は無いかどうかを調べます。 学科試験は全てマークシート方式で、文章問題90問とイラスト問題5問に回答し90点以上を獲得する必要があります。 技能試験は、基本的には教習所で行う卒業検定と同じような要領で行われます。 適性検査・学科試験・技能試験の3つは、全てお客様の生命を預かり公共の保安を担うという観点から第一種運転免許と比べて採点内容の基準が非常に厳しくなっているのが特徴です。 取得費用は地域によって異なりますがおよそ30万円です。 以上が第二種運転免許の概要です。 タクシー会社にドライバーとして入社してから二種免許を取得すると無料で免許を取得させてくれる上に日当が貰える場合が多いので、タクシードライバーを志望している方はまず、タクシー会社への入社をおすすめします。 入社サポートは当社が全力で行いますので、お気軽にお問い合わせください。
ご質問・ご相談はお気軽にお問合せください。 厳選された求人情報をご紹介させていただきます。