タクシードライバーの年齢

タクシードライバーの年齢
定年~年金受給までに 5~10年もの空白期間があるのはご存知ですか?
未経験・高齢でも可能なタクシードライバーも選択肢の1つですね。
年齢について
タクシードライバーは、高齢でなおかつタクシードライバーの経験がなくても始められる職業として世間から認知され始めています。   現在、タクシードライバーの平均年齢は58.2歳となっており、一番平均年齢が高い都道府県は徳島県で63.3歳、一番平均年齢が若い都道府県でも、岡山県の55.3歳となっています。 他の職業と比べ、平均年齢はかなり高いと言えます。 このようにタクシードライバーに高齢者が多い理由の一つとして、50代や定年退職後の60代でタクシー乗務未経験であっても、コツを掴んで働けば他の職業よりもお金を稼ぎやすい、という特徴があげられます。 タクシー会社の定年は65歳までの会社が多いですが、定年を迎えて退職した後も嘱託社員として72歳まで働くことが可能な会社もあります。   タクシードライバーの給料は歩合制を取るところがほとんどのため、未経験者だと稼ぎにくいのではないかと敬遠されるかもしれませんが、タクシー会社入社時に行う研修で稼ぎに困らない働き方を教えてもらえるので心配は要りません。 それに、乗務開始後の数か月間は給料保障制度があるタクシー会社もあります。 コツをつかめば、未経験であっても高齢者でも面白いほど効率よく稼ぐことができるようになります。 年齢に関係なく自分の頑張りが直接給料に反映するので、稼げば稼ぐほどどんどん乗務が楽しくなっていきます。   以上のように、未経験者に手厚い保障があるため、未経験でのスタートが7割以上を占める業界となっています。 未経験・高齢でも安心して転職をし、また定年退職後でも嘱託社員として勤務でき、なおかつ稼ぐことができるというのがタクシードライバーの魅力の一つです。
ご質問・ご相談はお気軽にお問合せください。 厳選された求人情報をご紹介させていただきます。