タクシードライバーの生活・休日

タクシードライバーの生活・休日
激務という印象があると言われることがあるタクシードライバーですが、
実際はどうなのか、仕事と生活を両立できるのか、気になりますね。

生活を知りたい

タクシードライバーは、1日働くと1日休み(明番)が取れる隔日勤務という勤務体系が一般的です。加えて、月に6日前後の公休日があります。 明番と公休日を組み合わせて連休を取ったり、さらにそれに有給休暇を加えて長期休暇を取ったりと、一般的なサラリーマンとは違った休暇の取り方が出来ます。 連休を利用して家族サービスをするドライバーや、長期休暇を利用して海外旅行に行くドライバーもいるそうです。 また、野球やゴルフなどの部活動を行ったりボーリング大会を開催したりと、休日の活動がさかんなタクシー会社もあります。 もちろん参加は自由ですので、休日はゆっくり休みたい、家族サービスをしたいという方が無理に参加する必要はありません。 タクシードライバーをしていると、様々なお客様を乗せるため、美味しいお店や観光スポットを知る機会が増えます。休日には、勤務中に仕入れた情報を元に出かけるのが楽しみだというドライバーも多くいます。 タクシードライバーに転職して、「自分の時間が増えた」「趣味が増えて生活が充実した」「友達が増えた」という声が多いのは、こういった理由からです。
生活・休日を知りたい

休日を知りたい

タクシードライバーは、年間休日数が多い職業だと言われています。 タクシードライバーの勤務体系として最も多く採用されている「隔日勤務」では、1日働くと翌日は必ずお休み(明番)を取ることになります。 不定期にはなりますが、タクシードライバーは一般的なサラリーマンよりも休日日数が多いと言われています。 明番と公休日を組み合わせて長期休暇を取ることができるという点も、タクシードライバーのメリットとして挙げられます。 長期休暇中にゆっくり休んで日々の疲れを取り除くことはもちろん、心身のリフレッシュのために国内旅行や海外旅行をするドライバーもいるそうです。 長期休暇は、一般的なサラリーマンは取得することが難しいと言われていますが、タクシードライバーになると働き方を自分で調整することで長期休暇が取れるため、再就職先として人気が出ています。 また、乗務中にお客様から仕入れた情報を元に出かけるという方もいらっしゃいます。 今流行りのお店、地元民しか知らない飲食店、観光スポットなど、毎日面白い情報が舞い込んでくるタクシードライバーという仕事をしていると、休日が充実したものになるかもしれません。
ご質問・ご相談はお気軽にお問合せください。 厳選された求人情報をご紹介させていただきます。