タクシードライバーの給料・収入

タクシードライバーの給料・収入
タクシー業界への転職を考える皆様が最も気になるのが、お給料のこと。
どんなパターンに分かれていて、どのぐらいもらえるのか、ご紹介いたします。
収入について

収入について

未経験でタクシードライバーを目指すほとんどの方が、「たくさん給料を稼ぎたい」という目標を持っていらっしゃいますが、たくさん稼ぎたいという方には、東京のタクシー会社への就職をお勧めします。 東京にはたくさん稼げるタクシー会社が多く存在します。 タクシードライバーの収入は、地域によってかなり大きな差があり、地方のタクシー会社と都内のタクシー会社とでは給料に2倍以上の差が付く場合もあります。 なぜなら都内のほうが地方よりも人口が圧倒的に多く、会社や観光地なども多いためです。 地方にお住まいの方でたくさん稼ぎたい場合には、寮付きの都内タクシー会社をお勧めします。 寮は安価な上にタクシー会社から近いため、たくさんの貯蓄ができます。 また、寮といっても1人部屋もあるのでプライバシーが守られています。 寮には同じように地方から出稼ぎでタクシードライバーになった人達が住んでいるので、困った時には助け合うこともできます。 タクシー会社の寮は大人気なので、寮付きのタクシー会社でタクシードライバーになりたい場合には、早目の行動をした方が良いでしょう。 詳しくは、当社にお問い合わせください。 ご要望をお伺いし、最適なタクシー会社をご紹介いたします。

給料のしくみ

タクシードライバーの給料体系は歩合制だということは多くの方がご存じかもしれません。 しかし、実はこの「歩合制」は主に「A型賃金」「B型賃金」「AB型賃金」という3つの体系に種類分けをすることができます。 ここでは、3つの給料体系について説明をします。
    1. [1]A型賃金 固定給+歩合給

      まず、A型賃金について説明します。 固定給に歩合給を加えて支給されるという給料体系ですが、昨今、こちらの給料体系は現在ほとんど取り入れられていません。

      固定給として、基本給とその他手当に加え、歩合(ある一定の基準を超えた売上に対する歩率)を支給するというものなのですが、1ヶ月の売上ノルマを下回った場合には、固定給を減額するというタクシー会社もあるようです。
      A型賃金
    1. [2]B型賃金 出来高制

      次に、B型賃金について説明します。 B型賃金は完全歩合制の給料体系です。

      A型賃金に比べ歩合率が高く、稼いだだけ自分の給料が上昇するのが特徴です。歩合率は会社ごとに設定されています。 すべての歩合率が毎月還元されるので、この給料体系を知っているドライバー経験者にとっては、最も需要が高くなっています。 タクシー業界の平均収入以上の高給を狙うこともできますが、月収が不安定になることも考えられます。
      B型賃金
    1. [3]AB型賃金 出来高制+積立賞与

      最後に、AB型賃金について説明します。 A型賃金とB型賃金の体系をミックスしたもので、タクシー会社にもっとも多く取り入れられている給料体系です。

      一部の歩合を積み立て、その積み立てられた給料は年3回に分けられ、まとまった賞与として支給されます。 その月の歩合がその月にすべて還元されないので、毎月、給料を全て使ってしまうというような貯蓄が苦手な方に適しています。 もし歩合率が65%だと仮定すると、その中の5%分が毎月積み立てられ、4か月後にそのお金が自分の手元にまとまって入ってくるという仕組みです。
      AB型賃金
給料体系から、自分に合ったタクシー会社を選ぶという転職方法もあります。 気になることがあれば当社にお問い合わせください。無料で転職サポートをさせて頂きます。
ご質問・ご相談はお気軽にお問合せください。 厳選された求人情報をご紹介させていただきます。