タクシードライバーの雇用形態

タクシードライバーの雇用形態
タクシードライバーは、ほとんどがが正社員です。
派遣社員、契約社員から正社員になりたい求職者様にもおすすめです。
    1. [1]一般乗務員(正社員)

      タクシードライバーは、ほとんどが正社員として雇用されています。 正社員として雇用されると、給料のほかに福利厚生の恩恵を受けることができ、生活の安定が望めます。

      タクシー会社の求人全体で見ると、圧倒的に多いのは正社員の募集です。 たくさんお金を稼ぎたいのであれば、正社員になってタクシードライバーの勤務体系として最も一般的な「隔日勤務」をすることをお勧めします。
      カレンダー(隔日勤務)
    1. [2]定時制乗務員(アルバイト)

      正社員の他に、パート雇用の枠を設けているタクシー会社もあります。 前職を定年退職してタクシードライバーになった高齢ドライバーや、子供が学校に行っている間だけ働く女性ドライバーのように、勤務時間が短いというパートタイマーのメリットを活かした働き方ができます。

正社員であれば、タクシー会社から賞与や退職金を支払われることがあります。 一般的に、得られる給料もパート雇用よりも正社員の方が多くなります。 その他、正社員になればタクシー会社それぞれで用意している待遇(昇給、寮、保養所など)を受けられるというメリットもあります。 正社員とパートタイマー、どちらの雇用形態が良いかをお悩みでしたら一度ご相談ください。給料や暮らし方のご希望をお伺いし、最適な雇用形態をアドバイスさせて頂きます。
ご質問・ご相談はお気軽にお問合せください。 厳選された求人情報をご紹介させていただきます。